患者の心に寄り添った豊胸手術は自分の脂肪を入れているという安心感がある

ボディ

自然なバストアップを実現

リゾート

美しく豊かな胸は、いつの時代も女性らしさの象徴として憧れの対象です。そんな理想をかなえてくれるのが、豊胸手術でしょう。特に、自分の余分な脂肪を吸引して胸に注入する脂肪注入法は、胸だけではなくボディラインを整えてくれる一石二鳥の豊胸手術として、人気があります。この脂肪注入法ですが、これまで脂肪の定着率があまり高くない点が問題でした。しかし、最近は各クリニックで抽出する脂肪の質を高めたり、注入する箇所や注入法を工夫するなど、定着率の向上に努めています。ですから、脂肪注入による豊胸手術を受ける際には、そのクリニックでどのような抽出・注入法を行っているのか、チェックしてから受けるようにしましょう。せっかく取り出した脂肪、少しでもしっかりと胸に定着してくれるよう、準備は怠らないようにしたいものです。

豊胸手術を受けた時に、問題となるのが術後の違和感です。これは、異物感があるということではなく、精神的に「異物を入れている」という感覚に悩まされる人が意外に多くいるということです。しかしこの脂肪注入による豊胸手術でしたら、どこまでも仕上がりは自然で、触った感触なども自分の胸を触っている時と同じ感覚です。何と言っても、「自分の脂肪が入っているんだ」という安心感が、気持ちを安定させてくれるのです。また、周りの人たちに豊胸手術をしたことがばれるという心配は、この施術の場合、ほとんどありません。もちろん、他の豊胸手術にもそれぞれメリットがあります。しかし、自然な仕上がりを望むのなら最も適した方法ではないでしょうか。まるで自分の胸がそっと成長したかのような自然さを望むのなら、そして逆にお腹周りはこっそり小さくなった方が良いのなら、やはり脂肪注入による豊胸手術は大きな助けになってくれることでしょう。