患者の心に寄り添った豊胸手術は自分の脂肪を入れているという安心感がある

ボディ

豊胸のための治療と目的

医療

目標をしっかり持つ

単純に豊胸手術とはいえども、様々なタイプの豊胸があります。技術力が進歩した昨今では、できる限り患者のニーズに合わせた形での手術を行うことが主流です。そのため、事前に理想の大きさや形、固さなどを確認してください。特に中に入れる材質については納得できるまでカウンセリングを受けたほうがいいといわれています。理由として挙げられているのが、硬さや理想の大きさによって進められる材質が異なるからです。様々なタイプの材質がありますし、自然な形に見せてくれるタイプのも少なくありません。上手に活用するためには、カウンセリングをしっかり受けて、理想のバストを目指してください。大きさなどによっては一回の豊胸手術では完全に治療が完了しない場合もあることを、カウンセリングで聞かされるといわれています。

手術という形ではなく

以前から様々な美容整形の業界で使われている機器が、手術を行わないものとなりつつあることをご存知の方も少なくありません。特に治療を行うものに関しては光治療やレーザーなど、治療を患者の負担にならないように行うことが主流といわれています。また、最新技術によって豊胸のための治療方法の選択肢の一つが、レーザーなどの光を当てて治療を行うものに変化しつつあるのです。光でバストの周辺の脂肪細胞などを刺激し、バストアップにつなげる方法といわれています。ただ、新しい技術なので今までのように豊胸手術を行いつつ、次第に光などの分野に移行することが予想されているのです。適切に治療を行うことが豊胸の第一歩ですが、今後豊胸手術という選択肢の幅が広がるといわれています。